公開日 2020年01月10日


 府省共通研究開発管理(e-Rad)システムの競争的研究資金制度等公募情報が更新されましたのでお知らせいたします。
 詳細はe-Radホームページ内公募一覧をご覧ください。

(機関承認が必要な公募は,締め切り2週間前までに,必ずe-Radで申請してください。
仮に2週間前までに間に合わない場合は,下の担当部局にご連絡ください。)

        https://www.e-rad.go.jp/

 なお,今回新たに公募が開始されたのは以下の事業です。

 ・国立研究開発法人科学技術振興機構 2020年度戦略的創造研究推進事業(総括実施型ERATOタイプ)
 ・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 令和2年度「イノベーション創出強化研究推進事業」公募
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 令和2年度新興・再興感染症研究基盤創生事業(海外拠点研究領域)
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 令和2年度「長寿科学研究開発事業」に係る(1次公募)
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 標的探索研究タイプ 研究領域A
   ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 標的探索研究タイプ 研究領域B
   ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 標的探索研究タイプ 研究領域C
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 標的探索研究タイプ 研究領域D
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 標的探索研究タイプ 研究領域E
   ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 応用研究タイプ 研究領域A
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 応用研究タイプ 研究領域B
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 応用研究タイプ 研究領域C
   ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 応用研究タイプ 研究領域D
   ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 令和2年度 一次公募 応用研究タイプ 研究領域E
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 認知症対応型AI・IoTシステムの研究開発
 ・総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)電波COE研究開発プログラム令和2年度継続提案
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 【造血分野】造血幹細胞移植に関する画期的な治療法の開発を目指す研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 【臓器分野】臓器移植・組織移植に関する画期的な治療法の開発を目指す研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 慢性疼痛の客観的・定量的評価法の確立に向けたシーズ探索に関する研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 【造血分野】造血幹細胞移植後の長期生存やQOLの改善を目的とした、最適化した造血細胞移植療法の開発を目指す研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 腎臓をターゲットにした画期的治療法の開発
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 慢性疼痛に影響する複合的要因の分析に基づく、効果的な治療法や介入法の確立に向けた研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 【臓器分野】移植臓器の長期生着成績向上、合併症克服を目指した移植後フォローアップ体制の確立を目指す研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 侵害受容性疼痛としての特徴を持つ慢性疼痛における、物理的刺激に対する応答変容の機序解明に向けた研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 PPIに着目した核酸、ペプチド医薬品等のデザイン研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 中分子化合物を活用した創薬研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 中分子医薬品等の新規ドラッグデリバリーシステムの開発
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 中分子医薬品等の活性評価技術開発(若手育成枠) 
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 抗体の高度化・低分子量化を目指した研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 臨床エビデンスに基づいた創薬ターゲット研究
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 連続生産を用いた医薬品製造の高度化・実用化  
 ・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 低分子医薬品の次世代デザイン手法に関する研究
 ・農林水産省 令和2年度安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンスのうち課題解決型プロジェクト研究 (官民・国際連携によるASFワクチン開発の加速化 )
 ・農林水産省 安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンスのうち課題解決型プロジェクト研究 (CSFの新たな総合的防除技術の開発)


  学内向け「公募情報」の提供は終了しました。e-Radホームページにて確認してください。


  【担当】
  地域連携・研究協力課 産学連携グループ
  (rsd-chiiki@office.shimane-u.ac.jp, 内線2381,9-2381)

 

お問い合わせ

地域連携・研究協力課