研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について

2019年6月21日

島根大学教職員各位


組換えDNA実験安全委員会委員長
吉 山 裕 規


研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について(通知)

 
 組換えDNA実験の実施につきましては、平素より学内規則の順守、適切な運用にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 この度、「研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について」文部科学省から通知がありました。組換えDNA実験を実施される研究者のみなさまは必ずご確認いただきますようお願いいたします。

 詳細は下記URLからご確認ください。


【研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について(通知)】
URL: http://www.lifescience.mext.go.jp/files/pdf/n2189.pdf
----------------------------------
 以下は参考ページのURLです。


【ライフサイエンスの広場】(文部科学省)
URL: http://www.lifescience.mext.go.jp/bioethics/anzen.html#kumikae


【組換えDNA実験計画申請関係】(学内サイト)
URL: https://intra.shimane-u.ac.jp/gakujyutsu_kanren/jikkensinsei/jikkensinsei01.html